ハノイからハナム省(Phu Ly)へ行く方法をご紹介

LINEで送る
Pocket

Xin chào(こんにちは)。VietAgriの徳嶺です。 今回は、ハノイから私達が住んでいる「ハナム省」まで行く方法をご紹介したいと思います。オススメはバスです。バスの乗り方も詳しくご紹介します。

ハナム省へ行く方法

ハナム省へ行くには、主に以下の方法があります。

  1. タクシー
  2. Grab や Uber
  3. 鉄道
  4. バス

タクシー

一番ラクなのは、やっぱりタクシーです。タクシー会社によってかかる金額は変わりますが、片道700,000〜1,000,000vndくらいかかってしまいます。

Grab や Uber

ハノイ市内では、配車アプリのGrabやUberを使うことが多いですが、ハナム省まで行こうとすると、ドライバーからお断りされるケースが多いです。距離がそこそこあるし、配車アプリだと別途発生する高速代などが請求できないからだと思います。

鉄道

メジャーではないのですが、鉄道を使ってハナム省に来ることもできます。私自身、鉄道には乗ったことがないのでご紹介できないのですが、31,000ドンくらいでハナム省(Phu Ly駅)まで来れるようです。ただ鉄道のスピードはかなり遅く、バスやタクシーより時間が余計にかかってしまうので、あまりオススメできません。鉄道のチケットはこちらのサイトからオンラインで購入することもできるようです。

ベトナム鉄道公社:http://www.dsvn.vn/

バス

私がよく使う方法はバスです。快適さではタクシーには負けますが、安いし早いしで便利です。今回は、ハノイ市の南側にある「ザパ・バスステーション(Bến xe Giáp Bát:ベンセ― ザパ)」からハナム省の中心地「Phu Ly(フーリー」に行く方法をご紹介したいと思います。

1. Bến xe Giáp Bát(ベンセ― ザパ)に行く

まずは出発地のバスステーション「Bến xe Giáp Bát(ベンセ― ザパ)」に行きます。ベンセー ザパまでは、バスを使うもいいし、UberやGrabを使ってもいいと思います。到着したとたん、たくさんの客寄せおじさんに声を掛けられたりしますが、とりあえず無視して進みましょう。

2.路線バスに乗る

路線バスを使う場合は、ターミナルの入り口すぐに停留所があります。ハナム省(PhuLy)までの路線バスは「206番」です。朝から夕方までバスが出ています。時間によって、大型バスだったり中型バスだったりします。大型バスは座席も広いのでゆったり乗ることができますが、中型バスの場合は少々窮屈な乗り心地になります。

この日は、中型バスでした。これまた時間帯によるのですが、座席以上に人が乗ることがあります。席がなくなったら、通路にプラスチックの小さい椅子を並べて座ることになります。

路線バスの場合は、片道35,000vndです。出発すると、集金の方がお金を集めに来るので、お金を渡しましょう。お金を渡すとこのチケットがもらえます。

バスに乗って、約1時間30分でPhuLyに到着します。降ろされるのは、Nam Cao公園の前あたりです。

民間バスもあります

上記でご紹介した206番の路線バスの他にも、民間バスもあります。民間バスに乗る場合は、Bến xe Giáp Bát(ベンセ― ザパ)の建物の奥まで行って「PhuLy」と書かれたバスを探してください。バスのほとんどは、マイクロバスでかなり狭いです。また料金も、路線バスが35,000vndに対して50,00vndと少し高くなります。

路線バスの場合は、高速道路に乗る前にいくつかの停留所に停まるので、民間バスに比べて少し時間がかかります。民間バスは、すぐに高速道路に乗るので、早いときだと約1時間程度でハナム省まで行くことができます。

まとめ

ハノイからハナム省フーリーまで行く方法をまとめると、以下の通りです。コスパを考えると、206番の路線バスを使うことをオススメします。

コスト スピード 快適さ
タクシ 700,000〜1,000,000vnd
配車アプリ 断られるケースが多い
鉄道 31,000vnd〜
バス 路線バス(大型バス) 35,000vnd
民間バス(マイクロバス) 50,000vnd〜

注意

ハナム省に到着してからの注意点をひとつご紹介します!残念ながら、2017年11月現在、ハナム省ではGrabやUberを使えません。正確にいうと、GrabやUberを使っているドライバーさんがほとんどいないんです。なので、ハナム省に到着したら、セオムかタクシーを使って移動することになります。ご注意ください!

LINEで送る
Pocket

TokumineAkari

1990年生まれ。大学時代に、沖縄の学生ビジネスコンテストで2年連続最優秀賞。Starup Weekend OkinawaやPOStudyなどのイベントを運営。沖縄県内のIT企業を経て、フリーランスのWEBディレクターとして独立。半年の東京滞在の後、東南アジアを巡る旅へ出発。2016年3月から徳島に移住し、有機農業を学ぶ。2016年11月からベトナム・ハナム省在住。ITと農業、2足のわらじ履いてます。